こんにちは、カナコです。
突然ですが、わたしが産後、「自分の時間を心から楽しめる」
ようになるまでのお話を始めます。
(3,4回で終わります)

ソロバンやらマイナス夫婦やら、色々やりかけなのに
また、違う話を始めてしまい、申し訳ありません💦

別名、「絵日記を描き始めるまで」(笑)
わたしが絵日記を描き始めたのは、息子が4歳になってからです。
最近にしては遅いほうだと思います。
描きたい気持ちはあったのですが、それには理由がありました。
「息子の事が、おろそかになるのではないか」と。

1F83C7BA-06CF-4E15-86DD-29B5F2C302FB

ちょっと早起きしたり、ちょっと眠いのを我慢したり。
「無理」をしないと自分の時間は持てないし、好きな事も出来ません。


出産直前まで、わたしは好きな事を好き放題やってきました。
実家暮らしでニートだった時期もあり、時間を気にせず朝までお酒を飲んでゲーム。
月一くらいで東京に遊びに行って、現地の友人と遊んで遅くまで飲んで。
心から楽しかったし、罪悪感なんて何もありませんでした。

そんな「楽しい事をする」のに、母親になると「罪悪感」を感じます。
子どもがいるかいないかだけなのに。
「ずっと」見ていなければならない、という呪縛にとらえられて。
(朝までお酒とか生活習慣にかかわる事はそりゃイカンですが)
F01D90B0-F9F2-43C9-ADAE-E794E0A97E31
なんでテレビに出てくる家庭は、あんなに綺麗なのか。
何故あんなに余裕があるのか。
金か!金なんだな?

「母親はこうあるべき」という印象を押し付けられていました。
母親になったからには、子どもが世界一かわいいもんなんだ。
ずっと見ていたいもんなんだ。
どんな時も、笑顔で。
部屋も綺麗で、お化粧もして。
…なんて
できるか、ボケ!
そりゃ、CMだからリアルな部屋を描写しても仕方ないんでしょうけど。
子どもが寝たあとのほんのちょっとの息抜き時間。
「好きな事」をやっていいはずなのに。

「こんな事をやるなら、子どもを”見て”いなければ」と
生活にかかわる事以外、何もできませんでした。

「寝返りの瞬間」
「立った瞬間」
「歩いた瞬間」

それらを全部「母親の私が絶対に”見て”いなければいけない」と。
今思えば、完全に産後のアレですな…。
「最初の瞬間」なんて
そんなに大層なものでもないと思います。
それから、何回でも見れますしね!
というか、どれが最初だったのか、あやふやで全然わかりません。
歩き出すの遅かったからなあ…(1歳半)

1歳になり、保育園に預けて働き始めても、子どもといる時は
ずっと子どもを「見て」いました。

わたしの頭の中は、息子の事ばかり。(仕事中はそうでもなかったけど)
何歳何カ月でこれをやった、とか
覚えておかなくちゃ。一生に一回なんだから。
と、3歳になってもまだ呪縛はありました。

呪縛がとけるようになる日まで。
また次回!
8ADA1B9E-E7CF-4E79-A735-70834DF4D75D

(記録はしておけば良かったとは思います( ;∀;)

黒田カナコ

読者登録↓よろしくお願いします

ランキング参加してます!ポチっと!

絵日記ランキング


Mamagirl連載(週一更新)
パピマミコラム連載(月二回)
のプロフィールページをメニューバーにまとめました!全ての回が読めますので、
ブログで更新告知ができない時があるので、こちらからもチェックしてくださいね!(^^♪