こんにちは、カナコです。

今回は、ちょっと子どもに関する暗い話ですので、ご注意くださいね!

子ども(息子ではない)の暗い話題が苦手な方はお閉じください💦







わたしは、実はとある保育園の給食調理員をやっています。
(調理員である事はたまに漫画に出てきましたが)
小学校とは違い、子ども一人一人分を、お皿に盛りつけています。
朝、出席する(給食を食べる)子どもの数を確認し、人数分に配膳しています。
アレルギーの子はもちろん、ちゃんと「全員分」作っています。


毎年、一人は
「なんの連絡もなく、保育園にずっと来ない」子どもがいます。


A57E4D39-1177-4361-8C76-12E042D2A79B


私のいる所だけかもしれませんが、一日300円程度の食費は
保育料に含まれているので(何日欠席しようが同じです)すが
一日50円程度の「主食費」だけ、別途現金で徴収しています。
主食費は、出席した日数分だけ。
出席したぶん、かかります。

私は平日は全部仕事なので、保育園に預けない事は考えられませんでした。
安くはない保育料を払い、預かってもらっていました。

「保育園」は労働や病気、出産など、「保育できない事情」がないと入れません。
保育園に連れてこないという事は、その間子どもは家にいるわけで…。

「連れてこられない事情」はなんなのでしょうか。
A53DCCEE-37A2-4E96-B630-77503D9D88C5
10月から、保育料無償化が始まるので、今描かねばいけないと思いました。


保育園児は、親に送迎してもらわないと通えません。

他の家庭の事情はわからないので、妄想が入っていますが、おおむね
「保育料無料世帯」の家庭が多かったと思います。(ひとり親など)
全てが無料なら、別途払わねばならない「主食費」は惜しいお金なのでしょうか。



園内調理で、栄養たっぷり、できたてを子どもたちに食べてもらっています。
朝から国産の食材を切って、だしも素材から取っています。
一日50円で、安全安心な給食が食べられます。
(職員は一日400円くらい)

保育士の先生ではないので、給食のおばちゃんには何もできません。
子ども達も、給食のおばちゃんの顔なんて覚えてないでしょう。

その子たちは今、小学校に通っているはずなので、小学校でも
おいしい給食を笑顔で食べていますように、と
給食のおばちゃんは、願っているのでした。


あくまで私の想像ですので、その家庭の真実を知っているわけではありません。
不快に思われるかたもいらっしゃると思います。

調理現場は、正直きついです。辞める方も多いです。
調理員も、毎日 一生懸命作っているので、どうか給食を食べに来てください。


それでは、また次回!
読者登録↓よろしくお願いします

通知はオフにできますので、お気軽にどうぞ!