こんにちは、カナコです。

小学生の水泳の授業の時。
泳げる長さに対して、水泳帽に黄色や赤の線を付けていました。
(インスタで先に公開したのですが、黄線を知らないというコメントが多くて驚いています💦)
え?ウチの地方だけのローカルだったの?( ノД`)
でも東京出身の旦那は知っていたので、呼び方が違うだけなのかなあ…。

息子の小学校では、5m泳げたら黄色の線一本、10m泳げたら黄色の線2本…と
帽子に縫い付けます!
5m泳げるようになり、黄色の線をもらった息子!
さあ!ママにつけてもらおうとしたら…?
6A69A1AA-3AA2-485F-A483-AD068F3AC8A1
確かに、連絡袋に入れたはず!という息子。
ランドセルや図書袋をひっくり返して探してみても見つかりません。
どうしよう…せんせいにおこられる…。

私も無くして絶望した事があるので、気持ちはわかる…。
大人になってみると、なんのことはないただのヒモなのに!
無くしたものは仕方がない。
ダメもとで先生に聞いてみよう!と連絡帳に書きました。
0384437E-C997-4AEA-94A0-70C59D286194
私も無くした時は、先生にバレるのが怖くて自分でなんとかしようとあがきました(笑)
不格好な黄色い線を、バレバレなのにつけていました💦
大人に言えば、基本的になんとかなるのに、言えなかったんですね…。
息子の黄色線もなんとかしてあげたいのですが、実物を見ていないので
似せて作る事もできないのです…。


翌日、連絡帳を先生に見せ、また線もらえるって!と言っていたのですが
先生も忙しいようで、もらえないまま夏休み突入です!

ちなみに私が小学生だった時は…。

赤帽子→泳げない
赤帽子に黄色線一本→顔を付けられる
赤帽子に黄色線2本→浮く事ができる
白帽子→10m泳げる
白帽子に黄色線1本→25m泳げる
白帽子に赤線1本→50m泳げる
白帽子に赤線2本→100m泳げる…
白帽子に黒線1本→黒線2本→黒線3本→黒太線→
黒帽子に黄色線→赤線→… とどんどん変わっていき、
泳げる子は帽子の色から違いました。
(私は泳げなかったので、白帽子に赤線1本が限界でした💦)

私はそれほど気にしなかったけれど、見た目でその子の身体能力をわけるとか
今だと問題あるのかもしれませんね。





いよいよ夏休みですね!
学童保育に通うことになるのですが、毎日のお弁当が大変です💦
まあ、冷凍食品ローテなんですけど★便利でおいしい冷凍食品♡

夏休みはラジオ体操も大変ですよね…。子どもが勝手に起きて行ってくれればいいのですが
そうはいかない現実です(笑)いつもより早起きして!弁当作って!カーチャン頑張る!

それでは、また次回!
読者登録↓よろしくお願いします

通知はオフにできますので、お気軽にどうぞ!