こんにちは、カナコです。
夏休みも終わり、新学期が始まりましたね!

毎日の宿題に「音読」があります。
口に出して文字を読む事って、大人になるとなかなかやらないので、子どものうちに
意識して言葉の意味をくみとり、発声する、て大切だと思います。
面倒くさいけれど!


夏休み前の結構長い期間「スイミー」でしたが、新学期になり
新しい話になりました。

「ミリーのすてきなぼうし」です。

私は基本的に教科書(挿絵)を見ずに耳で聞いているだけなので
時々「!?」と思う箇所がでてきます。
疑問に思っても、話はどんどん進んでいき…(笑)
19B5C192-DAFB-41BC-9E85-58F45B6A10B2
この店員さんも、一人で入ってきた子どもに、高級な帽子を試着させてくれるなんて!
そもそも10万円の子ども帽子が売っているなんて、高級店では!?
そんな店に子どもが一人で入れるのか?
っていうか10万円の帽子って、宝石とかついてるの?
いや、羽根がついてると言ってるから、貴重な羽根なのだろうか…!?
など、色々気になって続きが頭に入ってきません!(笑)

そんな事はつゆ知らず、話はどんどん進んでいき…。
後半の内容をあまり覚えていません(笑)

今回は結構長い話なので音読も大変そうです
スイミーは比較的短かったけれど!

子どものかわいい声で音読されると、内容にかかわらずウルっときてしまいます(´;ω;`)
スイミーでも泣かされ、一年生の時の
「ずっとずっとだいすきだよ」にももう毎回泣かされました💦
せつなすぎるやろ!ていうか主人公!子どもなのに大人!でもやっぱりせつない!

まだ二年生で、幼い声の息子の音読。すぐに声が太くなって、あるいは
音読も面倒くさがってやらなくなるかもしれない(笑)

音読の宿題は、子どものためだけではなく、親にも大切な時間をくれるものだな、と感じます。
自分もやってたのだろうか…!?全然覚えていない!(笑)


それでは、また次回!
読者登録↓よろしくお願いします

通知はオフにできますので、お気軽にどうぞ!