こんにちは、カナコです。
「パパは強迫性障害」の続きです~。
一回目はこちら

前回「ひとりじゃない」はこちら


ようやく旦那の過去編が終わり、私(家族)目線での話が始まります。
のっけから暗いので、ご注意ください!(;'∀')







出会った時(それより前)から、私はうつを患っていました。
うつ女と強迫男が出会ってしまい、医者に言われたことは…。

089BBAF9-8714-44DA-88CA-129C458736E2
※今は元気ですよ!私は!
鬱だかメンヘラだかわかりませんが、とにかく自己評価が低く、酔っぱらっては自分を傷付ける毎日。
数年の引きこもりニートののち、ようやく働きだしてはいましたが
職場のストレスなども加わり、更にうつ症状は激しくなっていました…。

そんなうつ女と、強迫性障害の男の相性が良いわけがありません!
普段、患者を否定しない医者も、「やめた方がいい」と言ってきました。

ただでさえ、遠距離だし、(清算したとはいえ)借金の事や
病気の事もプラスには考えられない。
医者の言う通り、共倒れになってしまうかもしれない。

夫はあんな状態のくせに 私が自傷しないか 見守る ために
こっちに引っ越してくる、とまで言いだしました。
俺が止める、俺が見守る、俺がそばにいる…。と。(笑)(笑)←恥ずかしくなってきた(笑)(笑)


まあ、夫は引っ越す事で強迫をリセットしたかっただけかもしれませんが!

何回も別れ話?をしたのですが、夫は諦める事なく食い下がってきて
現在に至ります。
遠距離だったので、私もブッチしちゃえば良かったのですが、かわいそうで
見放せなかった…(;'∀')

医者には「強迫の人ってしつこいからね」と言われましたが、そのおかげで
今かわいい息子がいるのかと思うと、強迫が息子を連れてきてくれたのかな、とも思います。


次回、「うつ女と強迫男②」です!

※書いている私自身は強迫性障害ではありませんので、当事者のかたの想いとは
異なる事があると思いますが、「家族」目線で書いていますので、ご了承ください。

それでは、また次回!
黒田カナコ

読者登録↓よろしくお願いします


通知はオフにできますので、お気軽にどうぞ!


絵日記ランキング