こんにちは、カナコです。
今回は久しぶりに息子の話です!

1歳の時から保育園に入れていたので(今は学童保育)長年のお迎え生活なのですが
そのお迎えのたびに思う事…。

保育園の時は私服だったので、比較的探しやすかったのですが
学童保育(小学生)になると、体操服姿でみんな同じ格好の時も!
そうなると、自分の子を探すのも一苦労!
47695F13-D9C2-4AC2-B3CB-51E40CC5013B
「あら!あの子かわいいわ!」
と思うと、それが息子なのです!(親ばか)

なんでしょう、決して目が大きいとか鼻が高いとかではないのですが
とにかく全てが私好みでパーフェクトな全身姿なのです!!

二年生になっても、ふとしたしぐさがかわいくて
「あら、かわいい💛」
と、毎日のように言ってしまいます!

「かわいい子は手をあげてー!♪」とやると
「はいっ!」と手をあげる息子なのでした!

っていうか私は実母にずーーーーとブスだブスだ言われて育ったので
愛されてなかったのではなく、母には似ていなかったので(母は自分が一番可愛いと思っていはる('ω'))
30過ぎるまで、ずっと自分はブスだという呪いにかかっていました。
(自分て別に普通じゃね?と思えるようになったのが30から)

産まれてから毎日「かわいい」と言っています。
というか、言ってしまいます。

「かわいい」と言って減る事はない。
これからも毎日「かわいい」と言っていこうと思います!
(低学年のうちはお許しください…)

それでは、また次回!
黒田カナコ


絵日記ランキング