こんにちは、カナコです。
今回も「給食室から」シリーズ!?です~。

保育園の遠足の日は、給食がないので、調理員も遠足に同行しています!

前回「遠足の日の調理員はなにしてる?」はこちら!↓

調理員は遠足の時、どんな気持ちでいるかと言うと…!?

毎日保育園の給食を作っているとはいえ、所詮は調理員。保育士ではありません!
(兼用されているかたもいらっしゃるみたいですね!)
よそ様の子どもに下手な事をしてはいけない…!と接待の気持ちで過ごします。
なんかこう、トラウマとかなられたら申し訳ないですし…。
60BA068C-3A73-4D0D-A52A-90BF5E24D38E
自分の子なら多少荒い扱いでもいい(!?)のですが、よそのお子様だとそうはいかない!
気持ちを汲み取って、誠心誠意お相手させていただきます!
出来る限り、楽しい思い出にして欲しいですしね!

小さい子の相手をすると
「息子もこんな頃があったなあ…」と過ぎ去りし日々に思いをはせる時も。

「この子は3歳かー。息子も3歳の頃、こんなんだったな♡」と思いだす事ができる。
実はこれが遠足の一番のお楽しみです♪
つい、よそのお子様だという事を忘れて、うっかり自分の事を
「ママ」と言ってしまいます!(;'∀')

名前も、目立つ所に書いてある子はいいのですが、なんせ接点が少ないので
子どもの名前は憶えられません💦
ついつい、息子の名前で呼んでしまいます!

だって、ぷにぷにのほっぺとか懐かしくて…♡

遠足の時は保育士の先生に加え、調理員も精一杯楽しんでもらえるように
頑張っていますので、ご安心ください!
愛情こもったお弁当、子どもは本当にうれしそうに食べていますよ!

それでは、また次回!
黒田カナコ

読者登録↓よろしくお願いします


通知はオフにできますので、お気軽にどうぞ!

絵日記ランキング