こんにちは、カナコです。
「パパは強迫性障害」強迫と保険②です。

「パパは強迫性障害」1回目はこちら

前回「強迫と保険①」はこちら

結婚し、家族になる事で生命(医療)保険を検討しはじめた(元)うつ女と強迫男。
今まで、若さや経済的理由などで保険には入っていませんでした。
もう若くはないし、ガタが出てきたので心配にはなっていたのですが…。

問題は夫の「強迫性障害」という精神疾病。
保険会社の自己申告欄に「強迫性障害」があったので、正直に丸をして提出したのですが…。
果たして、結果は…!?
5208781F-39C6-401C-AC3A-AFAEDABE40D6
見事に、旦那だけ落ちました!
(自分と旦那の二人分申し込んでいました)
正直、ふざけんな!と思いました。病気の事なんもわかってないな?と…。
重さも人によって随分違いますし、すぐ命に係わる疾病ではないです。

私も当然本申し込みはせず、家族で入れる保険をまた探しなおしました。
結局、予算の都合もあったので、県の共済保険に落ち着きました。
営利目的ではないので、比較的やさしいのですね!(お財布にも優しい)
今は息子と3人で入っています。
(幸い、息子が1歳で入院した時の1回しか使っていません)
永久保証ではない、死亡保障が少ない、などの問題はありますが
保険料で生活を圧迫しては元も子もないので…。(;'∀')



※書いている私自身は強迫性障害ではありませんので、当事者のかたの想いとは
異なる事があると思いますが、「家族」目線で書いていますので、ご了承ください。

それでは、また次回!
黒田カナコ

読者登録↓よろしくお願いします


通知はオフにできますので、お気軽にどうぞ!

ランキング参加してます!ポチっと!

絵日記ランキング